/

FC東京のDオリベイラ、右脚負傷で全治3~4週間

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に参戦中のFC東京は1日、ディエゴオリベイラが右脚の腓骨(ひこつ)骨挫傷および右足首の靱帯損傷で全治3、4週間と診断されたと発表した。今大会中の復帰は絶望となった。11月27日の上海申花(中国)戦で危険なタックルを受けて負傷交代していた。

オンライン取材に応じた大金社長は「選手生命にもつながるようなファウル」と指摘し、アジア連盟(AFC)に対し「何らかの改善を要望したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン