オリパラセレクト

フォローする

柔道・飯田「ほっとした」 グランドスラム出場の男子帰国

Tokyo2020
2019/10/15 23:06
保存
共有
印刷
その他

柔道のグランドスラム・ブラジリア大会に出場した男子が15日に帰国し、100キロ級を制した飯田健太郎(国士舘大)は成田空港で「レベルがあまり高くない大会で、いいところをしっかりと出せた。ほっとしている」と率直に語った。東京五輪代表争いでは、世界選手権3位のウルフ・アロン(了徳寺大職)を追う21歳。11月のグランドスラム大阪大会へ「本当に大事になってくる」と気を引き締めた。

柔道のグランドスラム・ブラジリア大会から帰国し、取材に応じる飯田健太郎(15日、成田空港)=共同

柔道のグランドスラム・ブラジリア大会から帰国し、取材に応じる飯田健太郎(15日、成田空港)=共同

100キロ超級の影浦心(日本中央競馬会)は初戦で五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)に初めて挑み、10分近い接戦を演じた。敗れたが「リネール選手の本気を知れた。小内刈りでこかすこともできた。いい勝負ができるんだと、少し希望の光が差してきた」と前向きだった。

81キロ級優勝の永瀬貴規(旭化成)は羽田空港で「自信になったし、また世界を狙える位置にもなってきている」と国際大会3連続制覇に手応え。井上康生監督も「代表争いにおいても強烈なインパクトを残してくれた」と評価した。

3位にとどまった73キロ級の橋本壮市(パーク24)は「諦めたら終わり。少しでも(代表入りの)可能性がある限りは目指したい」と語った。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 【ジュネーブ=共同】国際陸連が設置した独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は21日、2017年世界選手権の男子走り高跳びで銀メダルだったロシアのダニル・ルイセンコのドーピング検査を巡り、同国陸 …続き (11/22)

日本―スロベニアの前半、シュートを決める大山(21日、国立代々木競技場)=共同共同

 東京五輪のテスト大会を兼ねたハンドボールの女子ジャパンカップ第1日は21日、国立代々木競技場で行われ、日本はスロベニアと28―28で引き分けた。前半は大山(北国銀行)や藤田(ドルトムント)の得点など …続き (11/21)

 【マドリード=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、東京五輪のボクシングで判定の透明性を高めるため、5人のジャッジの採点をラウンドごとに公開すると発表した。来年2~5月の五輪予選から導入す …続き (11/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]