プロ野球

佐々木朗希、開幕後も1軍同行 ロッテのドラ1

2020/6/16 22:48
保存
共有
印刷
その他

ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手が開幕後も1軍に同行することになった。体力面の不安から調整のペースを落としていたが、井口資仁監督は16日、東京ドームでの練習試合後に「(状態は)良くなっていると思う。これから徐々に上げてくると思う」と説明した。

佐々木朗は岩手・大船渡高から入団。5月26日にプロ入り後初めて実戦形式のシート打撃に登板して160キロを2度マークした。だが、その後は実戦での登板は見送られ、1軍に同行しながらトレーニングを積んでいる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

3回ソフトバンク2死満塁、周東が中前に2点打を放つ=共同


 汚名返上の一打を中前に運んだ。二回2死二、三塁でソフトバンク周東が放った2点打。139キロの高め直球を捉えた会心の一打を振り返り、プロ3年目の24歳は「待っている球をしっかり初球から打ち返せた。僕に …続き (26日 22:44)

 新型コロナウイルスに感染した阪神の陽川尚将内野手(29)が26日の昼ごろに発熱を訴え、東京都内の病院に入院した。球団が明らかにした。阪神では25日に2人のチームスタッフを含め、計7人の感染が確認され …続き (26日 20:55)

7回途中に登板し、今季初勝利を挙げた中日・祖父江(26日、東京ドーム)=共同

【中日3―2巨人】中日は五回に京田の2ランで先制し、同点の八回は木下拓のソロ本塁打で勝ち越した。 …続き (26日 22:13更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]