/

カーリング小笠原、混合ダブルスで平昌五輪めざす

日本カーリング協会は14日、オンライン会議による理事会を開き、混合ダブルスの日本選手権(3月・北海道北見市)に五輪へ3度出場の実績を誇る女子の小笠原歩(北海道銀行)を協会推薦で出場させることを決めた。チームで2018年平昌冬季五輪出場を逃した小笠原は、初採用された同種目で五輪を目指す。

混合ダブルスは男女ペアで実施され、38歳の小笠原は06年トリノ、10年バンクーバーの両五輪で日本女子監督を務めた阿部晋也(札幌)と組む。日本選手権の優勝ペアが、五輪出場権の懸かる4月の世界選手権(カナダ)に出場予定。北海道銀行は5日まで行われたチーム単位の日本選手権で優勝できず、平昌五輪出場権の獲得に失敗した。

吉村紗也香(北海道銀行)と松村雄太(札幌)、小野寺佳歩(北海道銀行)と谷田康真(札幌)の2組も推薦出場する。

日本協会は混合ダブルスの五輪出場枠を目指し、平昌切符を逃した有力チームの選手に同種目での出場を打診していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン