/

中日・大野雄大、3年総額9億円 「期待に応えたい」

初の沢村賞を受賞した中日の大野雄大投手が22日、名古屋市内の球団事務所で更改交渉に臨み、3年総額9億円プラス1年ごとに出来高5千万円の大型契約を結んだ。年俸は1億3千万円から1億7千万円増の3億円となり「来年はすごく高いお給料をもらうので、期待に応えないといけない」と力を込めた。

更改交渉を終え、報道陣に笑顔でポーズをとる中日・大野雄(22日、名古屋市の球団事務所)=共同

今季は10完投6完封で11勝を挙げ、2年連続の最優秀防御率、初の最多奪三振のタイトルを獲得した。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権は行使せず残留した。プロ11年目の来季へ「今年の成績はキャリアハイ(自己最高)になると思うが(今年の成績を)目指さないといけない」と意気込んだ。

京田陽太内野手は300万円増の6700万円でサインし「けがなく1年間戦えたことは自分でも自信になった」と話した。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン