/

五輪ボクシング、最終予選中止へ 国際大会の成績で出場枠決定

東京五輪でボクシングを運営する特別タスクフォースは15日、6月の世界最終予選中止の方針など五輪予選の日程変更を発表した。新型コロナウイルスの影響で欧州予選が4月から6月に延期され、男子フェザー級の堤駿斗(東洋大)ら日本の男女5選手が臨む予定だった最終予選の実施が困難になった。

最終予選で決まる予定だった男女計53の枠は2017年からの国際大会の成績をポイント化したランキングで決定する方針。日本勢は実績が乏しく出場権獲得は絶望的とみられる。

日本連盟は今回の変更を受け、既に予選が終了したアジア・オセアニアとアフリカの選手による最終予選実施を求める嘆願書を提出する。日本連盟幹部は16日「厳しい。17年にジュニアだった堤ら若い選手や、階級変更した選手への公平性の観点からもお願いしたい」と話した。

世界最終予選には男子ライトヘビー級の梅村錬(岩手県体協)、女子はライト級の浜本紗也(日大)、ウエルター級の鬼頭茉衣(中京大大学院)、看護師としてコロナ禍とも闘うミドル級の津端ありさ(西埼玉中央病院)も出場予定だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン