2019年9月18日(水)

プロ野球

ロッテの今江、左手首を骨折 オリックス戦で投球受ける

2015/7/15付
保存
共有
印刷
その他

ロッテの今江敏晃内野手が14日のオリックス12回戦(京セラ)で左手首に投球を受け、大阪市内の病院で「左尺骨骨折、左橈骨剥離骨折」と診断された。全治は6~8週間の見込み。

八回の打席で投球を受け、直後の守備から退いた。今江は今季、チームの全79試合に出場し、打率3割1厘、1本塁打、33打点を記録していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

記者会見で涙ぐむ阪神のメッセンジャー=共同

 プロ野球阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が18日、兵庫県西宮市内で記者会見し、「体が悲鳴を上げ、もう限界だと言っている」と正式に引退を表明した。9月29日の中日戦(甲子園)で引退試合として …続き (13:55)

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球 …続き (17日 12:42)

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。