スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

玉ノ井部屋のコロナ感染、新たに5人 計24人に拡大

2020/9/15 20:20
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は15日、新型コロナウイルスの集団感染が発生した玉ノ井部屋で新たに力士5人が感染したと発表した。同部屋での感染者は全て力士で、所属する28人のうち計24人となった。

玉ノ井部屋では10日までに十両富士東関ら計19人の感染を確認。所属力士全員と、審判委員を務める師匠の玉ノ井親方(元大関栃東)の秋場所全休が決まった。

相撲協会は感染拡大防止のため、玉ノ井部屋で陰性だった力士ら協会員に改めてPCR検査を実施。新たに感染が判明した5人について、芝田山部長は「発熱などの症状を訴えている報告はない。重症者の報告もない」と説明した。5人は今後入院する予定。玉ノ井親方と十両東龍関は変わらず陰性だったという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は19日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)は定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施することを決めた。新型コロナウイ …続き (19日 22:15)

両国国技館内の相撲教習所で稽古する正代(右)と貴景勝(17日)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古2日目が17日、国技館内の相撲教習所で実施され、貴景勝と正代の両大関が2日連続で三番稽古(同じ相手と続けて取る)を行い、熱のこもった攻防 …続き (17日 16:51)

合同稽古に参加した白鵬(左)と正代(16日、両国国技館の相撲教習所)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした異例の合同稽古が16日、国技館内の相撲教習所で始まり、横綱白鵬や新大関正代、大関貴景勝ら9人の関取が参加した。新型コロナ …続き (16日 16:53)

ハイライト・スポーツ

[PR]