/

19歳本多が初の五輪代表 競泳日本選手権、瀬戸は3種目で

東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第4日は6日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子200メートルバタフライは19歳の本多灯(アリーナつきみ野SC)が1分54秒88で2連覇し、初の五輪代表入りを決めた。瀬戸大也(TEAM DAIYA)は1分55秒20で2位に入り、個人メドレー2種目と合わせ、3種目で代表となった。

男子200メートルバタフライで優勝し笑顔の本多灯。左は2位の瀬戸大也、右は3位の森本哲平(6日、東京アクアティクスセンター)=共同

女子200メートル個人メドレーは寺村美穂(セントラルスポーツ)が2分9秒55で2連覇し、2大会連続の代表入り。大橋悠依(イトマン東進)は0秒12差の2位となり、400メートル個人メドレーに続き代表切符を手にした。

女子の200メートル自由形は五十嵐千尋(T&G)が1分57秒47で1位となり、800メートルリレーの選考基準を満たし、2大会続けての代表。1500メートル自由形は森山幸美(SWANS)が16分17秒60で勝ったが、派遣標準記録には届かなかった。

男子200メートル平泳ぎ準決勝は武良竜也(BWS)が2分8秒08でトップ。渡辺一平(トヨタ自動車)は2位、佐藤翔馬(東京SC)は3位で7日の決勝に進んだ。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン