/

伊藤美誠「卓球は楽しい」 8カ月ぶり大会から帰国

卓球女子のエース伊藤美誠(スターツ)が24日、8カ月ぶりに出場した中国での国際大会2連戦から帰国してオンラインで取材に応じ「卓球は楽しいな、卓球が好きだなと思わせてくれた大会だった。中国人の選手とも練習し、すごくいい経験ができた」と1カ月に及んだ遠征を振り返った。

中国から帰国しオンラインで取材に応じる卓球女子の伊藤美誠(24日)=共同

2大会は3位とベスト4に入り健闘したが、2戦目の国際卓球連盟(ITTF)ファイナル準決勝は世界ランキング5位の王曼昱(中国)に0-4で完敗。「普通にやっていては一生勝てない。対応能力を上げないと」と課題を挙げた。今後は来年1月の全日本選手権に向け国内で調整する。

今回の遠征では、新型コロナウイルスの感染防止のため、ホテルの部屋に隔離され「何もできない期間が4、5日」あったほか、練習時間の変更も多かったという。コロナ下でのよりよい大会運営へ、改善点をITTFへ送る考えも明らかにした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン