/

ヤマハ、日通下し初優勝 社会人野球日本選手権

初優勝を決め、ナインに胴上げされるヤマハ・美甘監督(55)(8日、京セラドーム)=共同

第42回社会人野球日本選手権最終日は8日、京セラドーム大阪で決勝が行われ、ヤマハ(静岡)が日本通運(埼玉)を3-2で下し、23度目の出場で初優勝を果たした。

日本楽器として出場した1985年以来、3度目の決勝に臨んだヤマハは六回、敵失で先制した後、河野の2点二塁打でリードを広げた。先発の池田駿は八回途中1失点と好投した。

日本通運は七、九回に1点ずつ返したが、反撃も及ばず、2度目の優勝を逃した。

最高殊勲選手は池田駿、敢闘賞は浦部(日本通運)が選ばれた。大会史上2、3人目の無安打無得点試合を達成した加賀美(JR西日本)と猿渡(大阪ガス)には特別賞が贈られた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン