/

大関復帰の貴景勝が稽古再開 負傷で内出血も

大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で大関に復帰する関脇貴景勝が1日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開したが、左大胸筋肉離れの影響で胸や腕に広い範囲で内出血がある痛々しい姿だった。

左大胸筋に負傷を抱える中、稽古を再開した貴景勝(1日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

9月22日の秋場所千秋楽の優勝決定戦で痛めた。四股などで下半身を中心に鍛え、左腕はゆっくりと曲げ伸ばしをしたが、上に動かす際は肩ほどの高さにとどめた。「割り切ってやるしかない。少しは良くなった。自分の押し方が悪いからけがをした。早く治して押す力を高めていく」と努めて前向きに語った。

10月5日からの秋巡業は最初から休むが「出られるなら出たい」と途中合流も視野に入れているという。九州場所出場については「出るつもりで、今はやることをやるのが大事」と述べた。

千賀ノ浦部屋は暴力問題を起こした十両貴ノ富士が日本相撲協会から自主引退を促され、重い空気に包まれる。部屋頭の貴景勝は「とにかく自分のやることを一生懸命やるだけ」と自らに言い聞かせるように話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン