オリパラセレクト

フォローする

飛び込みW杯、13歳玉井ら代表に 五輪予選兼ねる

Tokyo2020
2020/2/18 21:01
保存
共有
印刷
その他

日本水連は18日、飛び込みの東京五輪最終予選を兼ねたワールドカップ(W杯=4月・東京)の代表に、男子高飛び込みの13歳、玉井陸斗(JSS宝塚)ら13人を選んだ。2016年リオデジャネイロ五輪に出場した女子の板橋美波(JSS宝塚)は個人種目の代表から漏れ、シンクロ高飛び込みだけに出る。

個人種目はW杯の準決勝18位以内に入れば、五輪代表となる。1つずつの開催国枠があるシンクロ種目は、W杯の結果をもとに日本水連が代表を決める。既に五輪出場を決めている男子の寺内健(ミキハウス)や女子の荒井祭里(JSS宝塚)らも出場する。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 日本ボッチャ協会は3日、1年延期となった東京パラリンピック代表に既に内定している4選手の資格を維持すると発表した。ボッチャでは重度障害がある選手の疾患が進行する不安も指摘されるが、村上光輝強化指導部 …続き (4/3)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は2日、理事を務める国際サッカー連盟(FIFA)内で、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪のサッカー男子は、24歳以下で実施する方向で議論されていることを …続き (4/2)

 【ジュネーブ=共同】新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪が来年7月23日~8月8日開催に延期となったことを受け、同時期に福岡市で行われる予定だった水泳の世界選手権の代替日程が来年9月末~10月 …続き (4/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]