/

名城大など8強進出 全日本大学野球第2日

全日本大学野球選手権第2日は8日、神宮球場などで6試合が行われ、2回戦では名城大(愛知)が2年前準優勝の仏教大(京滋)を4-2で破り、準々決勝に進んだ。東農大北海道オホーツク(北海道)は天理大(阪神)に延長十回タイブレークの末、7-6でサヨナラ勝ちした。

1回戦では28年ぶり出場の関学大(関西学生)が松山大(四国)に6-1で快勝した。和歌山大(近畿)は九産大(福岡六大学)との延長十回タイブレークの接戦に5-4でサヨナラ勝ち。共栄大(東京新大学)は2018年に優勝した東北福祉大(仙台六大学)に9-5で打ち勝ち、福岡大(九州六大学)は広島経大(広島六大学)を2-1で下した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン