/

柔道で立川姉弟が金、競泳渡部・萩野も金 台北ユニバ

【台北=共同】ユニバーシアード夏季大会第4日は22日、台北などで行われ、柔道で男子73キロ級の立川新(東海大)と姉で女子52キロ級の莉奈(福岡大)がともに優勝し、姉弟で金メダルに輝いた。男子66キロ級の磯田範仁(国士舘大)と女子57キロ級の村井惟衣(龍谷大)は銅メダルを獲得した。

競泳は女子100メートル平泳ぎで渡部香生子(早大)が1分6秒85で金メダルを手にし、青木玲緒樹(ミキハウス)が銀。男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分57秒35で制し、瀬戸大也(ANA)は2位だった。

フェンシングの男子フルーレ個人では松山恭助(早大)が決勝でウクライナ選手に敗れ、銀メダル。世界選手権銀メダルの西藤俊哉(法大)は準々決勝で敗れ、同銅メダルの敷根崇裕(法大)は3回戦で西藤に惜敗した。女子サーブル個人は江村美咲(中大)が銅メダル。

体操個人総合の男子は野々村笙吾(順大大学院)が86.050点で2大会連続の銀メダルを獲得し、谷川航(順大)は3位。女子は寺本明日香(中京大)が銀メダルに輝いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン