/

プロ野球、再び無観客に 神宮球場など宣言対象地域

プロ野球は27日、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言を受けて無観客試合が始まり、対象地域となっている東京都新宿区の神宮球場でのヤクルト―巨人、大阪市の京セラドーム大阪でのオリックス―楽天の2試合が観客を入れずに開催された。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、無観客で行われたプロ野球のヤクルト―巨人戦(27日夕、東京都新宿区の神宮球場)=共同

プロ野球の無観客試合は昨季の開幕当初に続き2度目。京セラドーム大阪では少しでもにぎわいを演出しようと無人の観客席にマネキンが設置され、「のりこえよう!」というメッセージも掲げられた。楽天の石井一久監督は「やっぱり野球場で見ていただきたいけれど、こういう事態なので仕方ないですね」と寂しそうだった。

無観客試合が行われるのは東京ドームと兵庫県西宮市の甲子園球場を加えた4球場。25日から5月11日までの発令期間中に計27試合が組まれていたが、緊急事態宣言初日の25日の3試合は告知期間が短すぎるとして観客を入れて開催され、29日から5月11日までの6試合が延期された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン