/

アイスホッケー女子、合宿スタート 平昌五輪へアピール期待

来年の平昌冬季五輪に出場するアイスホッケー女子日本代表の候補合宿が14日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで始まった。代表メンバー決定前最後の合宿となる見通しで、山中武司監督は「選考しながらチームの完成度を上げているので難しい部分もあるが、選手には自分の良さを出してもらいたい」と最後のアピールに期待した。

代表候補合宿で山中武司監督(手前)の指示を聞く選手たち(14日、白鳥王子アイスアリーナ)=共同

代表候補25人から23人に絞り込まれる。山中監督は「与えられたポジションで役割を徹底できることを見せてほしい」と話し、現時点でDF、FWを1人ずつ減らす方向で選考を進めているという。最年長の36歳、小野粧子(御影グレッズ)は「ここでいかに自分のいいところを出せるか。楽しめたら結果はついてくると思う」と初の五輪代表入りへ意欲を示した。

合宿は20日まで行われ、高校男子の強豪、駒大苫小牧などと練習試合を行う。チーム内の競争と並行して本番に向けて仕上げていく必要もある。大沢ちほ(道路建設ペリグリン)は「選考合宿だが、まとまっていかないといけない時期なのも確か。いい緊張感を持ちつつ、全員でプッシュし合っている」と雰囲気の良さを強調した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン