/

太田氏、IOC選手委員選挙へ JOCが推薦

日本オリンピック委員会(JOC)は10日の理事会で、東京五輪で実施される国際オリンピック委員会(IOC)選手委員選挙の候補者に、フェンシングの2008年北京、12年ロンドン両五輪銀メダリストで日本協会会長の太田雄貴氏(33)を推薦することを決めた。IOC理事会の承認を経て候補者となる。

当選すればIOC委員を兼ねる。太田氏は16年リオデジャネイロ五輪後に現役を退いて協会運営に関わり、国際連盟の副会長も務めている。「質あるオリンピックを残していく必要がある。貢献できる存在に成長したい」と談話を出した。

選手委は五輪運営などに選手の意見を取り入れるための組織。五輪参加選手による投票で選出され、東京五輪では4人が改選される。

海や砂浜を舞台にした総合大会として10月に初開催される世界ビーチ大会(ドーハ)の日本選手団の旗手をスポーツクライミングの野中生萌(XFLAG)が務めることも報告された。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン