/

バド桃田が国際大会復帰へ 1年2カ月ぶり、3月開幕の独OP

バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が3月9日開幕のドイツ・オープン(ミュルハイム)で約1年2カ月ぶりに国際大会に復帰する見通しであることが9日、分かった。日本協会の銭谷欽治専務理事が、世界ランクによって3月17日からの全英オープン(バーミンガム)を含め、出場可能な日本代表が「全員参加する」と語った。

桃田は昨年1月13日に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、帰国後には右目の眼窩(がんか)底骨折が判明する大けがを負った。実戦復帰した12月の全日本総合選手権では3連覇を達成。今年1月のタイ・オープンで国際大会に臨むはずだったが、出国前に受けた新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となり、出場を取りやめた。

日本代表は2月28日から東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を実施し、ドイツなどの遠征に向かう予定。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン