/

バレー協会会長に嶋岡氏 専務理事には八田氏

日本バレーボール協会は29日、東京都内で開いた臨時理事会で、新会長として、1972年ミュンヘン五輪金メダリストで日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)会長の嶋岡健治氏(68)を選任したと発表した。専務理事は、日本オリンピック委員会(JOC)で選手の就職支援制度「アスナビ」などを手がけた八田茂氏(60)が務める。30日に就任会見が開かれる。

嶋岡氏によると、会長は全会一致で決まったという。Vリーグ機構会長と兼務となることについては「両方、一生懸命やる」と話した。

バレー協会は木村憲治前会長が6月の評議員会で理事選出に必要な過半数の票を得られず退任。3期連続で会長が1期2年で交代する異例の事態となり、会長不在が2カ月以上も続いていた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン