2019年5月19日(日)

その他スポーツ

LS北見「銀」の喜び カーリング女子帰国会見

2016/3/29 20:22
保存
共有
印刷
その他

カーリング女子の世界選手権で準優勝し、男女の五輪、世界選手権を通じて初のメダルを獲得した日本代表のLS北見が29日、開催地カナダから帰国し、成田空港で記者会見した。スキップの藤沢五月選手は、試合中に叫び過ぎたことが原因というかすれ声で「この銀メダルを持って帰れてうれしく思う」と笑みを浮かべながら語った。

銀メダルを手に笑顔のカーリング女子日本代表。左から藤沢、吉田知、鈴木、吉田夕、本橋(29日午後、成田空港)=共同

銀メダルを手に笑顔のカーリング女子日本代表。左から藤沢、吉田知、鈴木、吉田夕、本橋(29日午後、成田空港)=共同

決勝は3連覇を達成した強豪スイスと最後まで接戦を演じただけに、サードの吉田知那美選手は「この銀メダルは悔しい。もっとやれたのでは」と声を詰まらせる場面もあった。妹の夕梨花選手も「こんなに悔しいのかというくらい、悔しさでいっぱい」と話した。

昨年秋に長男を出産した本橋麻里選手は控えとして躍進を支え「選手に感謝。誇りに思う。このチームはまだ伸びしろがある」と述べた。鈴木夕湖選手は「ポジティブな声掛けをしてくれて助けになった」と言い、吉田知選手は「毎晩おいしい料理を作ってくれた」とサポートに感謝した。

今大会の結果で、日本は2018年平昌冬季五輪の出場枠獲得に大きく前進した。チームを引っ張る藤沢選手は「決勝に出られて、五輪を狙ってもいいかなと思えた。最後に勝てなかった悔しさを晴らせるようにまたやり直したい」と成長を期した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスのイタリア国際は19日、ローマで行われ、女子シングルス決勝は第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)がジョアンナ・コンタ(英国)に6―3、6―4で快勝し、今季2勝目、通算13勝目を挙げた。〔 …続き (22:44)

女子1万メートル 力走する優勝した鍋島莉奈。左は2位の鈴木亜由子(19日、ヤンマースタジアム長居)=共同

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートルは追い風1.7メートルの条件下で、日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が10秒01で2位に …続き (21:29)

男子400メートルリレーで優勝し、笑顔を見せる(左から)桐生、小池、山県、多田(19日、ヤンマースタジアム長居)=共同

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートルは追い風1.7メートルの条件下で、日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が10秒01で2位に …続き (17:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]