/

稲葉J白星発進、ベネズエラに八回逆転 プレミア12

【桃園(台湾)=共同】野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は5日、台湾で1次ラウンドB組が開幕し、日本は桃園でベネズエラに8-4で逆転勝ちした。

日本は0-1の五回に広島の菊池涼と鈴木の適時打で逆転。再びリードを許したが、2-4の八回に三つの押し出し四球と菊池涼の適時打、鈴木の犠飛などで6点を挙げた。

台湾は台中でプエルトリコに6-1で勝った。

A組はメキシコのグアダラハラ郊外で4日、米国がドミニカ共和国を10-8で下し、2勝1敗として2次ラウンド進出を決めた。ドミニカ共和国は敗退した。

C組は韓国で6日に幕を開け、韓国、キューバ、オーストラリア、カナダが顔を合わせる。

1次ラウンドの各組の上位2チームが11日から日本で行われる2次ラウンドに進む。決勝と3位決定戦は17日に東京ドームで行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン