/

奈良は元世界1位に敗れる 東レ女子テニス

シングルス1回戦で敗れた奈良くるみ(18日、アリーナ立川立飛)=共同

女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第2日は18日、アリーナ立川立飛で行われ、シングルス1回戦で主催者推薦出場の奈良くるみ(安藤証券)は元世界ランキング1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に4-6、5-7で敗れた。

ダブルス1回戦で井上雅(テニスラウンジ)村松千裕(グラムスリー)組、日比野菜緒(ルルルン)オクサナ・カラシニコワ(ジョージア)組はともに敗退した。

全米オープンで初優勝した20歳の大坂なおみ(日清食品)は19日に組まれた2回戦から登場する。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン