プロ野球

阪神・藤浪投手が退院 新型コロナ感染「深く反省」

2020/4/7 19:28
保存
共有
印刷
その他

プロ野球阪神は7日、新型コロナウイルスに感染した3選手のうち、大阪府内の病院に入院していた藤浪晋太郎投手(25)が退院したと発表した。球団によると、既に嗅覚の異常などの症状はなく、回復を確認するためのPCR検査で2度続けて陰性となった。当面は病院の指示で自宅待機する。

藤浪投手は球団を通じ「多くの方々に多大なご迷惑とご心配をお掛けしたことを深く反省し、おわび申し上げます。今後はプレーでファンの皆さまの期待に応えることができるよう、より一層野球に精進してまいります」などとコメントした。

阪神で感染が確認された藤浪投手、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)のうち、伊藤外野手は5日に退院していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が31日、埼玉県戸田市の戸田球場で、プロ入り後初めて打撃投手を務めた。フォークボールを交えて27球を投げ、最速152キロをマーク。「久しぶりに打者に対して投 …続き (5:00)

 日本ハムは31日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で6月2日のロッテ戦から再開する練習試合を前に最後のチーム練習を行った。栗山英樹監督は「いよいよ試合が始まるので(選手に)雰囲気が出てきている。気持ちが上が …続き (31日 19:18)

 楽天は31日、楽天生命パーク宮城でのグループ練習を終えた。三木肇監督は、6月2日のDeNA戦から再開される練習試合に向け「試合数は限られている。若い選手には競争する場面は少ないがアピールしてほしい」 …続き (31日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]