/

なでしこ、紅白戦などで調整 パラグアイと8日親善試合

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は6日、国際親善試合のパラグアイ戦(8日・ユアテックスタジアム仙台)に向けて仙台市内で約2時間、紅白戦などで調整した。

パラグアイ戦に向けた練習で、言葉を交わす岩渕=右端(6日、仙台市内)=共同

10分ハーフの紅白戦では、主力組とみられるチームで岩渕(アストンビラ)と菅沢(浦和)が2トップを組み、センターバックは南(浦和)と宝田(スピリット)が務めた。これまで守備的MFを担うことが多かった杉田(INAC神戸)が中盤の左に入った。

11日には東京・国立競技場でパナマと対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン