/

FA取得、登録日数を加算1.3倍 NPBと選手会が合意

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が16日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン短縮に伴う今季の特例的措置として、フリーエージェント(FA)資格取得に必要となる出場選手登録日数を1.3倍して加算することで合意した。

FA資格は1軍に145日登録されれば1シーズンとして計算する。今季は143試合から120試合に短縮され、登録可能日数も例年の約190日から約140日に減るため、緩和策を協議していた。選手会は登録可能日数を、NPB側は試合数を基準にすべきだとしていたが、双方が歩み寄った。

外国人選手の1軍登録枠は4人から5人に拡大する一方、同時に出場できる人数は4人のまま据え置くことで合意。5人登録する場合の投手と野手の人数の内訳については、細部の規定を17日の臨時実行委員会で承認した上で発表する見通し。

選手会は出来高払いの条件や、年俸の低い選手に登録日数に応じて1軍最低保証額との差額が支払われる制度に関しては、シーズンが短縮されることを勘案すべきだとの要求を取り下げた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン