/

池江璃花子、復帰後初の200自出場へ 21日からの大会で

池江璃花子=共同

白血病から復帰し、競泳の東京五輪代表に入った女子の池江璃花子(ルネサンス)が21~23日のいきいき茨城ゆめカップ(茨城県ひたちなか市)で200メートル自由形にエントリーした。主催者が18日、明らかにした。復帰後、50メートルと100メートルの種目のみを泳いでおり、200メートル種目でレースに出場するのは初めて。専門外の100メートル背泳ぎにも出場する。

大会には男子の松元克央(セントラルスポーツ)佐藤翔馬(東京SC)萩野公介(ブリヂストン)や女子の大橋悠依(イトマン東進)ら、東京五輪代表が強化の一環として出場する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン