その他スポーツ

体操の全日本選手権、12月開催を検討 競技形式は今後決定

2020/6/2 21:09
保存
共有
印刷
その他

日本体操協会は2日、ビデオ会議で理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で先送りとなった体操の個人総合の全日本選手権については12月開催を検討する方針を確認した。8~14日に会場として群馬県の高崎アリーナを確保した。個人総合で争われるNHK杯、全日本種目別選手権も先送りとなっており、これらの大会を兼ねて実施するかどうかなど競技形式は今後決定する。

同協会は6月末までに計画していた主催大会は中止するか、秋以降に延期して実施するかを感染拡大の状況を踏まえて判断するとしていた。11月に予定した全日本団体選手権(高崎アリーナ)は中止する。

利用再開となった東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で7月から体操男女の強化合宿を行うことも決まった。

新体操の全日本選手権(高崎アリーナ)は11月20~22日に延期して実施する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権を主催するオールイングランド・クラブは10日、新型コロナウイルスの感染拡大で75年ぶりの中止となった今年の大会の本戦や予選に出場が見込まれた620選手に対し、総 …続き (1:07)

 日本体操協会は10日、ビデオ会議で常務理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で今春開催を見送った体操個人総合の全日本選手権は全日本種目別選手権を兼ね、12月10~13日に群馬県の高崎アリーナで行うこ …続き (10日 21:52)

 東京六大学野球連盟は10日の理事会で、新型コロナウイルスの影響で8月に延期した春季リーグ戦の日程を発表した。1回戦総当たりでの開催は74年ぶりで、8月10日の東大―慶大、明大―早大から8日間行われる …続き (10日 18:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]