/

DeNA山崎「七回の男」で開幕へ 1軍で3者三振

昨季の不振から復活を期すDeNAの山崎康晃投手が23日、横浜スタジアムで行われたロッテとの練習試合で七回に登板し、1回を3者三振と好投した。20日に今季初めて1軍に合流したばかりでオープン戦での登板はなかったが、26日の開幕後も七回のマウンドを任される方針となり「チームの戦力として一つ一つ階段を上がっていきたい」と意気込んだ。

4番安田を直球で空振り三振、続く売り出し中の山口はツーシームを高めから落として見逃し三振。最後は中村を再び直球で空振り三振に仕留めた。最速148キロの球威に加えて新球のスプリットも効果的に織り交ぜ「今までの自分より進化したいとやってきた。結果に出て、安心感がある」とうなずいた。

2018、19年のセ・リーグのセーブ王。7年目で初の2軍キャンプからはい上がってきた姿に三浦監督は「球の走りも良くなった。康晃、石田、三嶋のリレーで、層の厚いリリーフ陣になる」と目を細めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン