/

カーリング協会、5月下旬に五輪代表決定戦を実施 稚内で

日本カーリング協会は12日、2022年北京冬季五輪の代表権が懸かる2月の日本選手権が新型コロナウイルスの影響で開催できなかった場合に行う代表決定戦の方式を発表した。昨年大会のベスト4が参加し、5月下旬から6月上旬に北海道の稚内市みどりスポーツパークで実施する。

女子は北海道銀行と富士急の勝者が中部電力と対戦し、勝者が前回平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレと決勝を争う。男子はSC軽井沢クと名寄市役所の勝者がTM軽井沢と対戦し、勝者が前回覇者のコンサドーレとの決勝に臨む。

日本ミックスダブルス選手権が中止された場合も同時期に同会場で昨年大会の3位までが参加して代表決定戦を行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン