プロ野球

MVPに丸・山川、新人王に東・田中 NPBアワーズ

2018/11/27 19:26
保存
共有
印刷
その他

MVPを受賞し、笑顔で握手を交わす広島・丸(左)と西武・山川(27日、東京都内のホテル)=共同

MVPを受賞し、笑顔で握手を交わす広島・丸(左)と西武・山川(27日、東京都内のホテル)=共同

今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが27日、東京都内で開かれ、最優秀選手(MVP)にセ・リーグは広島の丸佳浩外野手が2年連続で、パ・リーグは西武の山川穂高内野手が初めて選出された。2年連続受賞は2008、09年のラミレス(巨人)以来。最優秀新人(新人王)には、セがDeNAの東克樹投手、パは楽天の田中和基外野手が選ばれた。

丸は125試合に出場し、打率3割6厘、39本塁打、97打点をマークし、広島の球団史上初となるリーグ3連覇の原動力になった。山川は47本塁打を放って初のタイトルを獲得し、西武の10年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

ドラフト1位で入団して1年目の東は24試合に登板して11勝5敗、防御率2.45をマーク。2年目の田中は105試合に出場して打率2割6分5厘、18本塁打、21盗塁だった。

MVPと新人王は日本シリーズ開幕前までのプロ野球担当記者らによる投票で決まる。今年の有効投票総数はセが294票、パが258票。MVPは丸が241票、山川が148票の1位票を集めた。新人王は東が290票、田中が112票だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

巨人戦に先発したソフトバンク・千賀=共同

 二回1死、阿部への初球。シュート回転して高めに入った152キロを右中間席に運ばれた。順調に立ち上がったソフトバンク千賀だったが、この一打で調子が狂う。
 続く大城を歩かせるなどストライクを取るのに苦し …続き (19日 23:17)

2回ソフトバンク1死二塁、グラシアルが左中間に逆転2ランを放つ(19日、ヤフオクドーム)=共同

 SMBC日本シリーズ2019は19日、ヤフオクドームで第1戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)に7―2で快勝した。

 ソフトバン …続き (19日 22:34)

記者会見で海外FA権を行使せずに日本ハムに残留すると表明した金子弌大投手(19日、札幌市)=共同

 日本ハムの金子弌大投手が19日、札幌市内で記者会見し、海外フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留すると表明した。「来季も北海道のファンのために一生懸命頑張っていきたい」と話した。1年契約で年俸 …続き (19日 16:53)

ハイライト・スポーツ

[PR]