ニュース

フォローする

ワールドラグビー会長、日本躍進と盛り上がり評価 W杯

ラグビーW杯
2019/10/15 19:54
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会と国際統括団体ワールドラグビー(WR)は15日、1次リーグを総括する記者会見を東京都内で開き、WRのビル・ボーモント会長は「(将来的に)再びW杯が日本に戻ってくることにちゅうちょはない。この国の反応は格別だ」と述べ、アジア初開催の今大会における日本代表の躍進と国内の盛り上がりを高く評価した。

記者会見でラグビーW杯1次リーグを総括するワールドラグビーのビル・ボーモント会長(15日、東京都内)=共同

記者会見でラグビーW杯1次リーグを総括するワールドラグビーのビル・ボーモント会長(15日、東京都内)=共同

台風19号の影響で1次リーグは3試合が実施できず、W杯初の試合中止を余儀なくされたが、37試合の観客数は128万38人に達した。座席数の約99%に当たる180万枚以上のチケットが販売済みで、全国16カ所の無料の「ファンゾーン」に約86万4千人が来場したことも報告された。

大会組織委の嶋津昭事務総長は「大災害の中で、前半戦を終えることができたのは幸せなこと。ファンの支えで遂行できた」と感謝した上で「中止となった6チームの方々に悲しみを与えたことに心からおわびを申し上げたい」と語った。

組織委は12日と13日に実施した試合について、台風の影響で観戦に行けなかった人を対象に、チケットの払い戻しを検討していることを明らかにした。〔共同〕

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

 ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕 …続き (11/14)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]