/

日テレ・阪口が2年連続MVP なでしこリーグ

サッカー女子のプレナスなでしこリーグの年間表彰式が25日、東京都内のホテルで行われ、最優秀選手賞には日テレの2連覇に貢献したMF阪口夢穂が選ばれた。2年連続2度目の受賞に「喜びより驚きの方が大きい。優勝もできたので感無量」と喜びを口にした。

ベストイレブンは阪口や11度目の選出となった岩清水梓、18ゴールで得点王の田中美南ら日テレ勢が7人を占め、6年ぶりに選ばれた鮫島彩(INAC神戸)や初選出の横山久美(長野)らも名を連ねた。

新人賞にはU-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)日本代表の杉田妃和(INAC神戸)が輝き、優勝監督賞は日テレの森栄次監督が4度目の受賞となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン