/

五輪銀の藤井・垣岩組が本戦進出 全日本総合バドミントン

女子ダブルスで本戦進出を決めた藤井(右奥)、垣岩組(27日、駒沢体育館)=共同

バドミントンの全日本総合選手権第1日は27日、東京・駒沢体育館で各種目の予選が行われ、女子ダブルスで今季限りでの現役引退を表明している2012年ロンドン五輪銀メダルの藤井瑞希、垣岩令佳組(再春館製薬所)が2試合を勝ち抜き、28日からの本戦進出を決めた。「フジカキ」の愛称で親しまれた2人の個人戦出場は今後なく、12月に始まるS/Jリーグを最後に現役を退く。

女子シングルスで昨年大会覇者の山口茜(再春館製薬所)も綿矢汐里(福井・奥越特別支援学校職)と組んだ同ダブルスで予選を突破した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン