/

男子ボルダリング、楢崎2大会ぶり金 世界クライミング

スポーツクライミングの世界選手権第3日は13日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子でボルダリングが行われ、6人による決勝で男子は23歳の楢崎智亜(TEAM au)が4課題(コース)で2完登をマークし、2016年以来2大会ぶり2度目の優勝を果たした。日本男子はこの種目で3大会連続の金メダル。

女子は2完登だった30歳の野口啓代(TEAM au)が2大会連続の銀メダルを獲得。3完登のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が2連覇した。

他の日本勢は男子の藤井快(TEAM au)が4位、土肥圭太(鹿児島県連盟)が5位で、前回王者の原田海(日新火災)らは準決勝で敗退した。女子は野中生萌(XFLAG)が5位、倉菜々子(ウィルスタッフ)が6位。伊藤ふたば(TEAM au)は決勝に進めなかった。

14日は男女のリード予選が行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン