2018年4月22日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

リオ五輪金の田知本が引退会見 「柔道は私の生きがい」

2017/10/10 19:24
保存
共有
印刷
その他

現役引退の記者会見で笑顔を見せる田知本遥(10日午後、東京都港区)=共同

現役引退の記者会見で笑顔を見せる田知本遥(10日午後、東京都港区)=共同

 リオデジャネイロ五輪柔道女子70キロ級金メダルの田知本遥(27)=ALSOK=が10日、東京都内で現役引退の記者会見を開き「柔道は私の生きがい。全てを懸けた20年だった」と7歳からの競技人生をさわやかな笑顔で締めくくった。

 田知本は今年6月の実業団の団体戦でいったん実戦復帰したが、その後「もっと試合をやりたいという気持ちが出てこなかった」と引退を決意。今後はALSOKに在籍しながら筑波大大学院で学業に専念し、将来的には「単に勝利だけを求めるのではなく、広い視野で競技に打ち込めることを教えたい」と指導者への夢も語った。

 富山・小杉高時代に頭角を現し、東海大4年で臨んだ2012年ロンドン五輪で7位。世界選手権でメダル獲得の経験はないが、力強い大外刈りを生かし、リオ五輪では日本女子でただ一人の頂点に立った。〔共同〕

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

記者会見で握手する朝比奈沙羅(左)と素根輝(21日、横浜市中区)=共同

 体重無差別で争われ、世界選手権(9月・バクー)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権(22日)に出場する有力選手が21日、会場の横浜文化体育館で記者会見し、2連覇が懸かる21歳 …続き (21日 23:29)

ドーピング問題について取材に応じ頭を下げる、昨年12月の試合でIBFスーパーフェザー級王座に就いた尾川堅一選手(19日午後、東京都新宿区の帝拳ジム)=共同

 ボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月9日の国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦の後に薬物違反が発覚した尾川堅一選手(30)が開催地米ネバダ州のコミッションに試合日から6カ月の …続き (19日 18:17)

 ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(34)=名古屋産大=が、自身のアマ選手登録を認めない日本ボクシング連盟と日本オリンピック委 …続き (19日 11:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]