/

日本男子、決勝トーナメント進出 世界卓球

男子1次リーグ 台湾戦でポイントを奪い、ガッツポーズする水谷隼(1日)=共同

【ハルムスタード(スウェーデン)=共同】卓球の世界選手権団体戦第3日は1日、スウェーデンのハルムスタードで1次リーグが行われ、女子で既に決勝トーナメント進出を決めている日本はB組第4戦で伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)が出場してオーストリアを3-0で下し、4連勝で同組1位が確定した。決勝トーナメントは1回戦が免除され、準々決勝からの出場となる。

試合は伊藤、石川、平野の3人がそれぞれストレート勝ちした。日本は今大会まだ1ゲームも失っていない。オーストリアは3勝1敗。

男子C組の日本は第4戦で張本智和(エリートアカデミー)、水谷隼、松平健太(ともに木下グループ)が出場して台湾に3-0で勝ち、3勝1敗として決勝トーナメント進出を決めた。イングランドがシンガポールに勝利して同組1位通過を決めたため、日本は2位となり1回戦から出場する。台湾は2勝2敗。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン