/

元貴乃花親方へ退職金・功労金支給 相撲協会

日本相撲協会は11日、東京都墨田区の両国国技館で評議員会を開き、10月に退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏へ退職金と功労金を支給することを決議した。協会規定に沿った金額が支払われる見通し。退職金は約1千万円となり、功労金は個人情報を考慮して公表されない。原則として功労金は退職金を超えるため、数千万円とみられる。

退職した貴乃花親方

花田氏は相撲協会理事を4期務め、総合企画部長や審判部長などの要職を歴任。ただ協会関係者によると、3月の春場所で弟子が暴行問題を起こした監督責任などを問われ、降格処分を受けた点も審議されたという。

花田氏は、弟子だった元幕内貴ノ岩に対する元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、協会対応を問題視して内閣府に提出した告発状(後に取り下げ)が、事実無根の理由に基づいたものと認めるよう協会役員から要請されたなどと主張し退職した。

評議員会では元貴ノ岩の付け人暴行問題を受け、19日に関取への特別研修実施などが報告。海老沢勝二(元NHK会長)議長は「(暴力根絶に)真摯に取り組むという説明だった。真面目にやってほしい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン