/

ヤクルトが新入団会見 ドラ1木沢「年間通して投げる」

ヤクルトは1日、東京都内で育成を含む新入団10選手の記者会見を開き、1位の木沢尚文投手は高津臣吾監督からユニホームを手渡され「プロ野球選手になった実感が湧いた。1年目は開幕1軍から年間を通して投げ続けることが目標」と意気込んだ。

高津監督(前列中央)とポーズをとるドラフト1位の木沢(右隣)らヤクルトの新入団選手(1日、東京都港区)=共同

【ドラフト】1位 木沢尚文投手(22)=慶大、183センチ、85キロ、右投げ右打ち、背番号20▽2位 山野太一投手(21)=東北福祉大、172センチ、77キロ、左投げ左打ち、21▽3位 内山壮真捕手(18)=星稜高、172センチ、72キロ、右投げ右打ち、33▽4位 元山飛優内野手(21)=東北福祉大、180センチ、79キロ、右投げ左打ち、6▽5位 並木秀尊外野手(21)=独協大、170センチ、71キロ、右投げ右打ち、0▽6位 嘉手苅浩太投手(17)=日本航空石川高、191センチ、105キロ、右投げ右打ち、67

【育成】1位 下慎之介投手(18)=高崎健康福祉大高崎高、183センチ、87キロ、左投げ左打ち、019▽2位 赤羽由紘内野手(20)=BCリーグ信濃、178センチ、78キロ、右投げ右打ち、023▽3位 松井聖捕手(25)=BCリーグ信濃、176センチ、78キロ、右投げ左打ち、022▽4位 丸山翔大投手(22)=西日本工大、192センチ、80キロ、右投げ左打ち、017〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン