スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

正代「緊張感出てきている」 30日に大関昇進伝達式

2020/9/29 19:36
保存
共有
印刷
その他

大相撲の東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進が、30日午前に東京・両国国技館で開かれる日本相撲協会の11月場所(11月8日初日・両国国技館)番付編成会議と臨時理事会で正式に決まる。

決定後、相撲協会は使者を派遣し、東京都墨田区の時津風部屋で昇進伝達式を実施。正代は看板力士としての決意を示す口上を述べる。

正代は29日、報道陣の電話取材に応じ「またちょっとした緊張感が出てきている」と心境を述べた。注目の口上は三つの候補から絞り、既に決定。四字熟語を盛り込み「今後の自分の生き方に当てはまる言葉。自分なりに考えた。かまないように、なるべく口に出して練習したい」と語った。

しこ名は2014年春場所の初土俵から名乗る本名の「正代」のままで、今後も変更はしないという。本名のままで大関昇進は輪島、北尾、出島、高安に次いで5人目。「皆さん、このしこ名で覚えてくださっている。変えたらまたサインを練習しないといけない」と言って笑わせた。

正代は秋場所を13勝2敗で初優勝。この3場所は関脇で計32勝と、昇進目安とされる直近3場所合計33勝に届かなかったが、前に出る取り口と安定感が評価された。新大関誕生は3月の春場所後の朝乃山以来となる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大関貴景勝=共同

 大相撲の2大関が28日、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けて報道陣の電話取材に応じた。貴景勝は小結だった2018年九州場所以来2年ぶりの賜杯獲得へ「毎場所優勝したい。それしか考えていない …続き (28日 19:46)

 大相撲で腰痛などを理由に2場所連続休場中の横綱鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、11月場所(11月8日初日・両国国技館)の出場可否を慎重に判断する意向を示した。「相撲を取ってみてだと思う。いつも …続き (27日 19:21)

オンラインで記者会見する新大関の正代(26日)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の新番付が発表された26日、新大関の正代が東京都墨田区の時津風部屋からオンラインで記者会見し「いつもより緊張感がある。責任が今までと違う」と心境を語った …続き (26日 12:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]