/

花咲徳栄・井上「3割、30本を」 ソフトバンク指名あいさつ

ソフトバンクからドラフト1位指名された埼玉・花咲徳栄高の井上朋也内野手が27日、埼玉県加須市の同校でスカウトらの訪問を受け、「少しずつ実感が湧いてきた。3割、30本をコンスタントに打てる選手になりたい」と抱負を述べた。

ソフトバンクからドラフト1位指名のあいさつを受け、スカウトと記念撮影する花咲徳栄高の井上朋也内野手=右(27日、埼玉県加須市)=共同

スカウトからは王貞治球団会長と工藤公康監督のサイン入りボールがプレゼントされた。内外野どちらも経験があるが、球団は三塁手として育成する方針。「息の長い選手になるのが目標。内川選手や松田宣選手のように長く活躍できれば」と語った。

永井智浩球団統括本部編成・育成部長兼スカウト室長は「三拍子そろっていて、どれもレベルが高い。チームを引っ張る中心選手になってほしい」と期待を口にした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン