/

大村工・大阪滝井など快勝 全日本高校バレー開幕

バレーボールの第73回全日本高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、男子は優勝経験のある大村工(長崎)が城東(徳島)を、崇徳(広島)が星城(愛知)をともに2-0で退けた。3大会ぶり出場の高松工芸(香川)も安田学園(東京)にストレート勝ちした。

首都圏1都3県で緊急事態宣言が再発令される見通しとなった中、無観客で開幕したバレーボールの全日本高校選手権。大会関係者は「何とか(最後まで)開催してあげたい」と話した(5日午後、東京体育館)=共同

女子は大阪国際滝井が誠英(山口)に2-0で勝利。東京都市大塩尻(長野)は八王子実践(東京)をフルセットの末に破った。

男女各52校参加の大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で実施。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン