/

相撲協会、評議員会議長に海老沢氏 池坊氏の後任

日本相撲協会は12日、東京・両国国技館で3月末に新体制となって最初の評議員会を開き、海老沢勝二氏(84)=元NHK会長=を新議長に選出した。4年間務めた池坊保子氏(76)=元文部科学副大臣=の後任。

海老沢氏は横綱審議委員会委員長や協会外部理事を歴任し、2016年に評議員に就任した。取材に応じた同氏は、不祥事からの立て直しを図っている協会へ「国民の信頼がなければ成り立たない。運営を透明化し、心を新たにして協会員が一丸となって取り組んでほしい」と要望。暴力問題の再発防止に向けて「高い倫理性を持つことが一番大事だ」と提言した。

大相撲の土俵に女性が上がれない「女人禁制」を巡る議論にも触れ「協会も真摯に国民の意見を聞こうとしている。最終的には国民が判断すること」と、協会が実施する予定の意識調査を注視する方針を示した。

新たに評議員となった先代伊勢ノ海親方の森田武雄氏(元関脇藤ノ川)、先代出羽海親方の石田佳員氏(元関脇鷲羽山)らも出席した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン