/

ソフト宇津木監督、活動再開「幸せ」 五輪会場で代表合宿

来年の東京五輪で金メダルが期待されるソフトボール女子日本代表が17日、五輪会場の横浜スタジアムで合宿を公開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月以来の代表活動となり、宇津木麗華監督は「みんなの元気な顔を見て、監督として幸せを感じた」と再スタートを喜んだ。

ソフトボール女子日本代表合宿で守備練習する上野(中央)ら。赤色を基調とした新ユニホームを着用した(17日、横浜)=共同

選手たちは五輪で着用する赤色を基調とした新ユニホームに身を包んだ。エースで38歳の上野由岐子(ビックカメラ高崎)は、外野で長い時間をかけてキャッチボールを行った。東京五輪の開催を危ぶむ声もあるが「合宿ができることに感謝して取り組みたい。やる、やらないを決めるのは私たちじゃない。自分たちが歩いて行かなければいけない道を進んでいく」と言葉に力を込めた。

野手陣は男子投手が投げる速球を打ち込み、シートノックで練習を締めくくった。ソフトボールは全競技の先陣を切って、来年7月21日に福島で試合が始まる。山田恵里主将(日立)は「また五輪に向けて戦うという気持ちが強くなった」と意気込んだ。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン