/

東京六大学野球、法大・立大が勝つ

東京六大学野球春季リーグは11日、神宮球場で2試合が行われ、初戦に臨んだ法大、立大が勝った。法大は東大を6-3、立大は明大を4-3で下した。東大、明大はともに2敗。リーグ戦は1回戦総当たりで実施されている。

法大は四回に村田の本塁打などで4点を挙げ、その後も加点。東大の反撃を八回の3点に抑えた。立大は八回に冨永が勝ち越しソロ本塁打を放った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン