/

ラグビーW杯副審に久保氏 日本2人目の主審はならず

ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)は7日、9月に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会の審判団23人を発表し、日本協会A級レフェリーの久保修平氏(37)が副審に選ばれた。日本人がW杯で審判員を務めるのは1999年大会以来で4人目。斉藤直樹氏が務めた95年大会以来となる2人目の日本人主審はならなかった。

久保氏は福岡県出身。2016年には南半球の強豪チームが集まるスーパーラグビー(SR)で日本人初の主審を務め、今年の欧州6カ国対抗では副審を担当するなどした。

12人の主審には15年大会決勝で主審を務めたナイジェル・オーウェンス氏(英国)らが名を連ね、副審7人、判定を映像で補助するレフェリーは4人が選ばれた。

大会は9月20日から11月2日まで計48試合が行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン