/

ラグビー日本代表トンプソン、近鉄に合流 「毎試合出たい」

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の準々決勝進出に貢献し、今季限りの現役引退を表明しているトンプソン・ルークが5日、大阪府東大阪市で所属する近鉄の練習に合流した。最後のW杯を終えた38歳のロックは「ワンチームでやってきたことを重ね、ベスト8に入れた」と充実感を漂わせた。

練習する近鉄のトンプソン=左から2人目(5日、花園ラグビー場)=共同

15日に開幕するトップチャレンジリーグでのプレーが現役最後の公式戦となる。チームは17日に初戦を控え、実戦形式の練習のほか、持久力や下半身を鍛えるメニューを軽快にこなした。

ニュージーランド出身で2004年から日本でプレーし、日本国籍も取得。06年から所属する近鉄を「特別なチーム」と表現し「モチベーションは高い。毎試合出たい。毎試合勝ちたい」と日本語で熱く語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン