2018年6月23日(土)

その他スポーツ

全仏準優勝の穂積・二宮組が帰国 出迎え「すごい幸せ」

2018/6/12 19:49
保存
共有
印刷
その他

テニスの全仏オープン女子ダブルスで獲得した準優勝のプレートを手に笑顔を見せる穂積(右)と二宮=共同

テニスの全仏オープン女子ダブルスで獲得した準優勝のプレートを手に笑顔を見せる穂積(右)と二宮=共同

 テニスの全仏オープン女子ダブルスで日本人同士のペアとしてはオープン化以降の四大大会初の準優勝に輝いた穂積絵莉と二宮真琴(ともに橋本総業)が12日、羽田空港に帰国した。多くの報道陣とファンに出迎えられ、穂積は「こういうのがちょっと憧れでもあったのですごい幸せ」と満面に笑みを浮かべた。

 同種目の日本勢で沢松和子、杉山愛に次ぐ四大大会の頂点には届かなかったが、祝福のメッセージが穂積に280件、二宮に120件届いたという。二宮は「負けたら来ないだろうと思っていたが、決勝に勝ち上がったときよりももらえて幸せ」と喜びを口にした。

 1994年生まれの24歳コンビは緻密なプレーで赤土の大舞台での快進撃につなげ、穂積は「本当に驚きではあるが、自信になった」と話し、二宮は「すごいうれしいけど、そこまでいったら優勝したかった」と悔しさもにじませた。

 芝コートの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権では別のパートナーと組む予定という。穂積は「まずはシングルスのランキングを上げたい」と意気込み、二宮は「コンスタントに結果を出せるように力をつけていきたい」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

その他スポーツ 一覧

男子100メートル決勝、10秒05で優勝した山県亮太(23日、維新みらいふスタジアム)=共同

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第2日は23日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、男子は100メートルで山県亮太(セイコー)が10秒05の大会タイ記録で5年ぶり2度目の …続き (21:20)

 バドミントンのカナダ・オープンは22日、カルガリーで行われ、シングルス準々決勝では男子の古賀穂(早大)が中国選手を2―1で下し、準決勝に進んだ。女子では高橋明日香(ヨネックス)、高橋沙也加(日本ユニ …続き (19:13)

ソフトボール日本代表の上野投手と握手する地元の小学生選手(23日、福島県営あづま球場)

 福島県営あづま球場(福島市)で23日、ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗戦の最終戦があり、7千人を超す観客が詰めかけた。2020年東京五輪の会場の1つとして東日本大震災からの復興をアピールする …続き (18:33)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]