2018年11月15日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里ら3横綱が3連勝 秋場所3日目

2018/9/11 19:02
保存
共有
印刷
その他

豊山(左)を突き落としで破った稀勢の里(11日、両国国技館)

豊山(左)を突き落としで破った稀勢の里(11日、両国国技館)

大相撲秋場所3日目(11日・両国国技館)3横綱が初日から3連勝。8場所連続休場から復帰して進退を懸ける稀勢の里は平幕豊山を逆転の突き落としで下した。他の横綱は鶴竜が勢を突き落とし、白鵬は魁聖を下手投げで退けた。

大関とりの関脇御嶽海は取り直しの末、小結玉鷲をはたき込んで3連勝とした。大関陣はかど番の栃ノ心が小結貴景勝の引き落としに屈し、初黒星。高安は千代大龍をはたき込んで3連勝し、豪栄道は関脇逸ノ城を押し出して2勝目を挙げた。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

栃煌山(手前)にすくい投げで敗れた稀勢の里

 物言いの協議が終わり、阿武松審判部長(元関脇益荒雄)が「稀勢の里の肩が早く(落ちており)、行司軍配差し違えで栃煌山の勝ちと決定しました」とアナウンスすると、悲鳴にも似たどよめきが起こった。金星なのに …続き (14日 22:30)

栃煌山(手前)にすくい投げで敗れた稀勢の里=塩山賢撮影

 大相撲九州場所4日目(14日・福岡国際センター)不振の一人横綱稀勢の里は平幕栃煌山に行司軍配差し違えの末、すくい投げで逆転負けし、初日からの4連敗を喫した。3日連続の金星配給。
 不戦敗を除いて横綱の …続き (14日 18:42)

(東) (西)
千丸2―3大丸
千翔2―2荒鷲
大奄0―0隆勝
明生0―0遠藤
阿武2―1隠岐
千国7―4碧山
豊山1―1宝富
勢 2―2佐海
大栄0―3松鳳
阿炎1―2琴奨
千大1―2輝 
貴岩1―6嘉風
正代0―0朝山
妙義 …続き (14日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]