プロ野球

WBC延期報道、冷静に受け止め プロ野球界の反応

2020/5/12 20:48
保存
共有
印刷
その他

来年3月に予定されている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の延期報道を、プロ野球界は冷静に受け止めた。斉藤惇コミッショナーは12日、「あくまでも主催者が決定する案件。こういう事情で延期するということで、やむを得ないだろうと思っている」と語った。

17年の第4回大会に出場した楽天の松井裕樹投手は「国際大会では思うような投球ができていない。力をつける期間ができたと考えられる。前向きに今できることに集中していきたい」と話した。

日本ハムの近藤健介外野手は「特に何も思わなかった。東京五輪もあるし(日程的に)当然きつくはなると思っていた。まずはそこより、シーズンが開幕できるのか不安の方が大きかった」と先のことは考えられない様子だった。

中日の加藤宏幸球団代表は「決定事項ではないので答えることができない」と話すにとどめた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

通算1500安打をマークし、記念のボードを手に一礼するヤクルト・坂口(19日、甲子園)=共同

【阪神1―1ヤクルト】阪神が追い付いて、引き分けた。ヤクルトは四回に、坂口が通算1500安打となる左翼線への適時打で1点を先制した。阪神は五回に、代打糸原の左前打で同点とした。その後は両チームともに、 …続き (19日 21:34)

巨人の岩隈久志投手=共同

 プロ野球巨人は19日、日米通算170勝を挙げている岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。2017年に右肩の手術を受け、19年に巨人で日本球界に復帰したが、これまで1軍での登板はな …続き (19日 15:48)

七回無死、右中間に逆転満塁本塁打を放つDeNA・梶谷=共同

 敗色濃厚の七回に3点差まで追い上げ、なお無死満塁の絶好機。「ちょっと緊張していた。少し不安もあった」と打席に入ったDeNA・梶谷だが、押せ押せの雰囲気に乗せられるように豪快にバットを振り切った。右中 …続き (18日 20:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]